交通事故お悩み相談解決サイト|弁護士相談委員会

交通事故被害者のお悩みを解決するサイトです。

交通事故時に示談交渉に強い弁護士に依頼するメリット

交通事故が発生しますと、見舞金を支払って終わりではなく損害賠償請求などの金銭の話が膨らんでいきまして専門知識がないと対応するのが困難です。

特に被害者になりますと交渉する相手が保険会社になりますので上手く対応しないと損をしてしまう可能性が高いので示談交渉をする際は普段から交通事故関連を専門的に取り扱っている弁護士に依頼するのが良いでしょう。

自分で交渉するリスク

交通事故が発生した場合に交渉する相手は当人同士ではな、保険会社になりまして、相手が素人でないのなら大丈夫だろうと言われるがままに示談書に記銘して捺印をしてしまう場合が多くあります。
しかし、保険会社はできるだけ金銭を支払わないようにするように最低限のラインで交渉しますので全体の相場と比較しますと低くなっていることが多く、例え後遺障害が後で分かったとしても確定してしまっているものを変更するのは難しいので交渉のプロである保険会社と素人が交渉するのは止めた方が良いのです。

示談交渉は単純なものではなく専門的な知識や法律なども知っておかなければならないので素人では難しいです。
最近ではインターネットで調べてから交渉する人も増えているみたいですが、相手はプロなのでちょっとした知識では見抜かれてしまいますし、公平に交渉するのは難しいでしょう。

弁護士対応のメリット

そういった時に被害者側も専門的な知識を持つ弁護士に対応してもらうことによって公平に交渉することができます。
主なメリットとして挙げられるのは法的な手続きが多いので、それらがスムーズに終えることが可能となり、示談金も相場から離れていない適正な金額を受け取れる可能性が高く、自分一人で交渉していたのが専門的な知識の人が味方につくので心強いです。

一般的に損害賠償金には、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の3つの相場がありまして、相手側は最も低い水準となるもので交渉をしますが代理人の弁護士を立てることによって、過去の裁判記録や判例を持ち出して弁護士基準で交渉を進めていくことができ、こちらの主張通りの金額になることは少ないかもしれませんが、相手側の言いなりにはならずに納得できる金額に落ち着く可能性が高いでしょう。

示談交渉はただ話し合うだけではなく、書類の手配もあれば手続きもしなければならず、一人で行なうと間違ってしまう可能性もありますし、書類や手続きに不備があったとしても一度示談が成立してしまいますと変更するのは難しいので専門家にみてもらうことによって安心できます。

交通事故に遭いますと入院したり、通院したりと、それだけでも気が滅入ってしまうのに、そこに示談交渉もしなければならないのはプレッシャーが大きいです。
特に長期に入院していると働けないので収入が減りますから、しっかりとした内容で成立しないと生活が大変になり、不安な日々を過ごすことになります。

そうならないためにも弁護士に依頼するのが一番であり、味方ができることは安心感に繋がって精神的にも楽になります。
もちろん専門家に代行をしてもらうのが一番ですけど費用がかかるなどのデメリットもありますが、それ以上のメリットもありますので信頼できる方を探して任せてしまうのが良いでしょう。

交通事故に遭った方の多くは混乱してしまい、何をどうすれば良いか分からないことが多く、知り合いに頼む方がいなければどうすれば良いか分からないことが多いです。
そういう時はインターネットで評判の良い方や紹介をしてくれる機関などを頼って、できるだけ早くに依頼するようにしてください。
相談する際に必要になる書類がいくつかありますが、難しく考えることなく遠慮せずに自分が有利に示談交渉できるように専門家に頼んでください。

コメントは受け付けていません。