交通事故解決の弁護士相談委員会

交通事故被害者のお悩みを解決するサイトです。

交通事故がおきやすい時間帯

交通事故がおきやすい時間帯を考えてみました。

朝の通学時に自動車が突っ込むというニュースが流れることがあります。朝は、歩道にいる歩行者の数が増えますし、朝は自動車も急いでいたり、夜勤を終えた方が帰ってきたりという時間帯で、事故がおきやすい状況にあるのかと考えます。

また、夕方は、日差しが目に入り、前が見えづらくなります。また、夕方は帰宅前ということで、仕事を早く終わらせたい、あるいは、会社にはやくもどって仕事をしたいという心理が働きこれもまた事故がおきやすい時間帯だといえるでしょう。

逆に昼間は、ゆっくり時間がながれていますので、事故は置きづらいのではないかと思います。

逆に、一日中気を抜けないのは、今日のような雨の日です。雨が降ると、自転車は前をよくみずに猛スピードで運転しており、さらに、窓ガラスに雨のしずくがつくので視界もわるく、また暗いので事故が置きやすいといえるでしょう。

私達はきをつけて、こういった時間帯は事故をおこさないように安全運転に努めていく必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。