交通事故解決の弁護士相談委員会

交通事故被害者のお悩みを解決するサイトです。

悪質な交通事故の加害者への対処法

交通事故を起こす加害者というのは、大半はきちんと反省をすることが多いのですが、中にはかなり悪質な加害者も存在しています。例えば自分からぶつけておいてすぐ逃げてしまう、ぶつけられたので文句をいうと逆切れしてくる、全く謝罪や賠償をしようとしないなどです。このような悪質な加害者の場合、当然弁護士に依頼をすることが多いでしょうが、最初に行うべきことは警察を呼ぶことです。しかし、中にはその場から逃げてしまう人もいるので、すぐにナンバーを確かめておきましょう。

ナンバーはきちんとメモをしておき、忘れないようにすることが大切ですが、このような悪質な加害者の場合、メモを取らせないようにする人もいます。そのため、携帯電話で写真を取っておくというのも1つの方法です。もちろん警察への届け出は、相手が逃げてしまっても必ず行いましょう。次に弁護士に相談をするのですが、当然選ぶべき弁護士は、交通事故に詳しくて実績もあり、信頼できる人でなければいけないのはいうまでもありません。

ひき逃げや飲酒運転、盗難車で運転する人や無免許運転など、かなり悪質な場合には、刑事裁判になるケースもあるでしょう。もし刑事罰を加えることができなくても、諦める必要はありません。そのためによい弁護士に依頼するのです。明らかに法律に違反しているような運転であれば刑事罰になるケースも多いのですが、物損事故で相手が全く賠償をしてくれないという場合などでも、人によっては刑事罰を与えたいと考えることがあります。

このような場合には、刑事罰を与えることができるのでしょうか。相手が修理代を支払っている場合には、残念ながら刑事罰を与えるのはほぼ不可能です。人身事故でも慰謝料を支払っている場合には無理でしょう。ただし、支払いを行わない場合には、弁護士に相談をすることで、裁判を行えば慰謝料の引き上げなどを行うことは可能です。ただ懲役刑などを与えることは無理だと思ってよいでしょう。

コメントは受け付けていません。