交通事故解決の弁護士相談委員会

交通事故被害者のお悩みを解決するサイトです。

交通事故に強い弁護士のお仕事

女性

交通事故が発生した場合に、弁護士が依頼される内容の多くは、保険会社との交渉になっています。現在の日本では、被害者が加害者の加入している保険会社と交渉を行い、支払われる金額が決定するようになっているので、交渉のプロである保険会社の方が有利になるのです。保険会社としても、保険料支払っている加害者はお客であり、被害者はお金を支払わなければいけない相手なので、当然加害者の味方をすることが多いのです。

例えば被害者にも非があったと言って、十分な慰謝料を支払わないようなケースもあります。このような場合には、被害者が泣き寝入りする結果になってしまうため、被害者側も対策を練る必要があるのですが、それが弁護士への依頼です。弁護士の報酬というのは、相談料や着手金も含まれているのですが、最近の弁護士は相談料や着手金を取らず、成功報酬を高めに設定することが多くなっています。そのため、弁護士からすれば被害者がお客になるのです。

しかもできる限り保険会社から多くの慰謝料を支払ってもらった方が、弁護士の報酬も高くなるので、弁護士は被害者の味方をします。弁護士も保険会社も交渉のプロなのですが、弁護士は法律のプロでもあるので、この点において保険会社よりも有利になるのです。もし交通事故の被害に遭い、きちんと保険会社が慰謝料を支払ってくれるなら、特に弁護士へ依頼する必要はないでしょう。しかし、不十分な慰謝料しか支払ってくれない場合には、弁護士へ依頼するべきです。

実際弁護士へ依頼すると言っただけで、態度を変えて慰謝料の支払いを多くしてくれる保険会社もあるため、このような方法も有効的でしょう。ただし、依頼する弁護士は、交通事故に関して高い知識を持っている人でなければいけません。弁護士の中には口だけで、知識に乏しい人も存在しています。もちろん信頼できることも重要な判断基準になるでしょう。少しでも有利に交渉を進めるためには、弁護士の助けは必要不可欠だと言えます。

コメントは受け付けていません。