交通事故解決の弁護士相談委員会

交通事故被害者のお悩みを解決するサイトです。

交通事故の加害者が負うべき法的責任とは

交通事故が発生した場合、物損事故では通常破損した車などの修理代を支払って終わりになります。しかし人身事故の場合には、他にも負わなければいけない法的責任があるのです。その1つが損害賠償なのですが、損害賠償は大半の人が知っていますし、別名を慰謝料とも言います。人身事故を起こしても、それほど被害が甚大ではなかった、きちんと加害者が謝罪と賠償を行ったので、それだけで十分だと被害者が感じたら、これだけでもよいでしょう。

しかし、加害者の中には全く反省をしない人もいれば、飲酒運転や信号無視など、本来であれば過失とは呼べないような運転をしてしまう人もいます。このような場合には、大事故になってしまう可能性もあるでしょう。そうなった場合には、加害者が負うべき責任がさらに2つ追加されるのが一般的です。1つ目は行政処分、2つ目は刑事処分なのですが、行政処分というのは簡単に言えば免許停止処分、免許の取り消し処分、減点などを指します。

行政処分は物損事故の場合にはあまり行われませんが、人身事故の場合には行われてしまうのが一般的です。被害者が特に目立った外傷などがなければ減点だけで済むのですが、大ケガをしてしまった場合や、死亡してしまった場合などは、免許の停止や取り消し処分が行われることも珍しくはありません。交通事故を起こすと職を失ってしまう可能性があるというのはこのことを指すのです。この行政処分は、直接被害者とは関係ありません。

関係あるのは刑事処分なのですが、例えば無免許で事故を起こした、盗難した車で事故を起こした、飲酒運転で事故を起こした、暴走して人をひいたなどです。このような場合には当然逮捕され、交通刑務所に入るようになります。もちろん裁判も行われるのですが、これが刑事処分です。ただし、交通事故を起こしたのに加害者の態度が悪い、きちんと賠償をしないという場合には、刑事裁判ではなく民事裁判になるので、交通事故に詳しくて信頼できる弁護士の力が必要です。

コメントは受け付けていません。