交通事故お悩み相談解決サイト|交通事故相談委員会

交通事故被害者のお悩みを解決するサイトです。

知っておきたい交通事故の後遺障害認定

後遺症認定

交通事故に遭ってケガをすると、そのケガの治療が終わっても症状が続いてしまうことがあります。その症状が回復の見込みの持てない固定的なものであって、要介護認定を受けたり、その固定的な症状が原因となって就労能力が低下するなどの影響が認められると、後遺障害として認定されます。
被害者は被った損害について相手に損害賠償請求する権利を持っていますが、後遺障害認定されると、加害者に対して損害賠償請求できる項目が増えます。
慰謝料については、入院・通院をした傷害分の慰謝料とは別に、障害分の慰謝料を請求することができます。また後遺障害が残ったことで将来にわたっても労働能力が低下し、ずっと収入が減ってしまうので、その失われる収入については逸失利益という項目で損害賠償請求することが可能です。
後遺障害には、等級という制度があります。等級というのは、後遺障害の症状の内容や程度を1から14の数字で示す仕組みです。数字が小さいほど障害としては重度に認定されているもので、1級および2級については要介護認定の有無で二つのレベルに分かれるので、ランクは全部で16あります。
交通事故に遭い、ケガの治療後に後遺障害認定された場合に損害賠償請求することができる傷害慰謝料や逸失利益は、等級の数字をベースに算定されることとなっています。よって、交通事故の被害者になってしまった方が後遺障害に関わる損害賠償請求をするには、後遺障害認定・等級認定申請が必要です。
交通事故の後遺障害認定・等級認定は自賠責保険の審査会が行っているので、固定症状について医師が発行した診断書などをはじめとした必要な書類をそろえて自賠責審査会に申請します。

申請方法

この申請については、ふた通りの方法があります。それは、事前認定と被害者請求というやり方です。
事前認定は、被害者が示談交渉を進める相手である加害者側の保険会社に障害と等級の認定に関するすべての申請手続きを任せる方法です。対して被害者請求というのは、被害者自身が必要書類を整えて自分で認定申請するやり方です。事前認定申請では被害者としては手続きをすることがないので事務手続きなどでの負担はないのですが、申請された内容を自分で見ることができないので、後遺障害認定された内容、等級について不透明感が残ってしまうケースもあり得ます。後遺障害の等級は慰謝料や逸失利益の賠償金に直接関わるものなので、被害者請求で認定申請をしておくことで内容もクリアとなり、その後納得のいく示談交渉が進められるはずです

専門家に相談を

弁護士の中には、示談交渉や損害賠償請求問題を多く取り扱っている交通事故専門の先生がいます。弁護士に相談をすると、被害者請求での手続きによる後遺障害の認定申請を丁寧にサポートしてもらえますから被害者に知識がなくても安心です。
示談交渉や損害賠償問題が得意な弁護士は、後遺障害の等級認定に関係する医学的な知識も豊富です。後遺障害や等級の認定申請は治療が終わって症状が固定的に残ってしまってから行うのが原則ですが、治療中から弁護士相談しておけばいろいろな点で安心です。
弁護士は、被害者請求での後遺障害認定申請をサポートするだけではなく、既に認定された後遺障害の等級についても、不当な部分があれば不服申し立てや再申請の手続きを積極的に行って被害者が正当な内容で損害賠償請求できるようにサポートをしています。
交通事故に遭ってしまったら、できるだけ早い段階で弁護士に相談してサポートしてもらうことが肝心です。弁護士は、被害者の味方という立場に立って示談交渉の中で被害者が損をしてしまうことがないよういろいろなアドバイスをしています。

コメントは受け付けていません。