交通事故解決の弁護士相談委員会

交通事故被害者のお悩みを解決するサイトです。

2016年7月23日
から meacc
弁護士もweb集客をする必要があります はコメントを受け付けていません。

弁護士もweb集客をする必要があります

情報を集めるとなれば、インターネットが主流になっています。今の時代、弁護士の資格だけあっても集客することは難しいです。
従来の方法ではなく、多くの弁護士がweb集客を利用していますが、ただ始めればいいわけではありません。
現在の状況に応じて、インターネットを有効に活用しなければ集客することは難しいです。
web集客においては、新しい情報を常に出し続けなければ信用されにくくなります。もちろん、ある程度信用がある状態ならば、継続してだす必要はないです。
無料でできるものがあれば、有料なものもあります。どの程度効果を期待するかによって使い分けてみるとよいです。
お金がかかる方法であっても、すぐに効果が出るとは限りません。web集客は、どこでも行っていますし弁護士は毎日のように利用するものではありませんので、効果を実感するまでには時間が必要です。
分からない場合や忙しいなどであれば、業者を利用してweb集客することも間違いではありません。しかし、効果が期待できるかどうかは、業者によって異なります。
実績があるなど、信用できる要因がなければ無理して業者を利用する必要はないです。
無料でweb集客をすることも可能ですが、集客を意識しすぎる内容にせず、時間をかけて信用されていく必要があります。弁護士であっても、いきなり信用されるわけではありません。
弁護士自体、利用する頻度は少ないです。だからこそ、web集客をする準備を進めておくとよいです。
料金はできる限り明確にしておき、また顔写真など信用されやすい情報を載せておけば、問い合わせてもらえる可能性が高くなります。
あとは、事務所の場所など当たり前の情報を簡潔にまとめておけばいいです。web集客においては、必要な情報がすぐにみられる状態が最適といえます。
弁護士であっても、多くの情報を載せてしまうと見終えるまでに時間がかかってしまい、集客しづらくなります。さまざまな情報が見られる今だからこそ、弁護士にもweb集客は必要です。

2016年4月7日
から meacc
電話での相談も可能な弁護士に依頼する はコメントを受け付けていません。

電話での相談も可能な弁護士に依頼する

電話

初めて交通事故に巻き込まれたので、弁護士に依頼したいけれど、どのようにすればよいのかわからないし、本当に信頼できる弁護士なのか不安だという人もいるでしょう。このような場合には情報収集がとても大切になるのですが、情報収集をする前に、電話での相談が可能な弁護士に依頼するという方法があることを覚えておくべきです。通常弁護士に依頼する前には、電話をしていつ事務所へ行くのか決めておくのが一般的だと言えるでしょう。

しかし、ある程度電話で質問や相談をしておきたいという人も多いでしょうが、弁護士によっては電話での相談を受け付けていないこともあります。初めて交通事故に巻き込まれ、弁護士にも今まで依頼したことがないという場合には、電話相談を行っている弁護士を選ぶというのがよい方法です。ただし、電話相談が無料になっていることが重要なので、電話する前に無料であることを確かめてから連絡をしましょう。

弁護士のホームページに、電話相談無料と書かれていたとしても、電話をしたときに、電話相談が無料と書かれていたのですが本当に無料で相談できるのでしょうかなどと尋ねてみることをおすすめします。ただし、電話相談が無料となっている弁護士事務所の多くは、時間が決められていることも多くなっているのです。通常は10分程度、長くても30分ぐらいになっていることが多いでしょう。電話相談ができるということは、依頼する上ではとても重要なのです。

弁護士に依頼すると必ず交通事故慰謝料が増えるわけではありません。正直後遺障害認定がとれない怪我であれば、弁護士に依頼してもメリットが少ないです。慰謝料が数十万程度しかないためで、弁護士費用を払ってなくなっては意味がありません。

弁護士は、相談を受ければ電話で変な対応をしてしまうと、当然依頼してくれなくなりますし、事務所まで足を運んでもらえなくなります。そのため、弁護士はしっかりと対応することが多くなりますし、相手がどのように話すのかという参考にすることもできるのです。メールの返信などでも反応を見てある程度判断することができるのですが、電話相談の方がもっと確実に弁護士の善し悪しを判断できるので、初めて弁護士に依頼する場合には、電話相談ができることが望ましいと言えるでしょう。

交通事故が不安が多いです。弁護士に電話することで、不安を解決いたしましょう。また、費用面でメリットがあるのか確認が必要です。弁護士費用特約という保険に加入していれば、弁護士費用倒れの心配はありませんので、積極的に利用するようにしましょう。

2016年4月5日
から meacc
交通事故に強い弁護士のお仕事 はコメントを受け付けていません。

交通事故に強い弁護士のお仕事

女性

交通事故が発生した場合に、弁護士が依頼される内容の多くは、保険会社との交渉になっています。現在の日本では、被害者が加害者の加入している保険会社と交渉を行い、支払われる金額が決定するようになっているので、交渉のプロである保険会社の方が有利になるのです。保険会社としても、保険料支払っている加害者はお客であり、被害者はお金を支払わなければいけない相手なので、当然加害者の味方をすることが多いのです。

例えば被害者にも非があったと言って、十分な慰謝料を支払わないようなケースもあります。このような場合には、被害者が泣き寝入りする結果になってしまうため、被害者側も対策を練る必要があるのですが、それが弁護士への依頼です。弁護士の報酬というのは、相談料や着手金も含まれているのですが、最近の弁護士は相談料や着手金を取らず、成功報酬を高めに設定することが多くなっています。そのため、弁護士からすれば被害者がお客になるのです。

しかもできる限り保険会社から多くの慰謝料を支払ってもらった方が、弁護士の報酬も高くなるので、弁護士は被害者の味方をします。弁護士も保険会社も交渉のプロなのですが、弁護士は法律のプロでもあるので、この点において保険会社よりも有利になるのです。もし交通事故の被害に遭い、きちんと保険会社が慰謝料を支払ってくれるなら、特に弁護士へ依頼する必要はないでしょう。しかし、不十分な慰謝料しか支払ってくれない場合には、弁護士へ依頼するべきです。

実際弁護士へ依頼すると言っただけで、態度を変えて慰謝料の支払いを多くしてくれる保険会社もあるため、このような方法も有効的でしょう。ただし、依頼する弁護士は、交通事故に関して高い知識を持っている人でなければいけません。弁護士の中には口だけで、知識に乏しい人も存在しています。もちろん信頼できることも重要な判断基準になるでしょう。少しでも有利に交渉を進めるためには、弁護士の助けは必要不可欠だと言えます。

2016年3月30日
から meacc
桜が咲くこの時期に交通事故に付いて考える はコメントを受け付けていません。

桜が咲くこの時期に交通事故に付いて考える

桜

自動運転の時代がやってくるといわれています。車に9個以上のCMOSカメラを設置して、人間の目よりはるかな数で、監視して自動運転する時代がやってきます。自動ブレーキにより、追突事故は37%近く減ったという統計もでているようで、期待ができます。

交通事故によって、幼い子供達が亡くなるニュースが減ってほしいと考えます。

交通事故は年々減っていますが、まだ完全に0にはなっていません。飛行機事故も自動化されているにもかかわらず、未だに事故は起きます。

だから、自動運転になれば事故が必ずしも0になるわけではないことを心にしておいたほうがよいでしょう。

子供達が小学生になる親御さんは、特にこの桜が咲くこの時期にしっかりと子供に教育しておく必要があります。

車の気をつけ方。事故に遭わないように交通ルールを守ることなど。親御さんが子供をまもってあげるしかありません。

桜は、別れと出会いの境にある季節です。私達は、この時期に大切にして歩んでいく必要があるのです。

2016年3月28日
から meacc
悪質な交通事故の加害者への対処法 はコメントを受け付けていません。

悪質な交通事故の加害者への対処法

交通事故を起こす加害者というのは、大半はきちんと反省をすることが多いのですが、中にはかなり悪質な加害者も存在しています。例えば自分からぶつけておいてすぐ逃げてしまう、ぶつけられたので文句をいうと逆切れしてくる、全く謝罪や賠償をしようとしないなどです。このような悪質な加害者の場合、当然弁護士に依頼をすることが多いでしょうが、最初に行うべきことは警察を呼ぶことです。しかし、中にはその場から逃げてしまう人もいるので、すぐにナンバーを確かめておきましょう。

ナンバーはきちんとメモをしておき、忘れないようにすることが大切ですが、このような悪質な加害者の場合、メモを取らせないようにする人もいます。そのため、携帯電話で写真を取っておくというのも1つの方法です。もちろん警察への届け出は、相手が逃げてしまっても必ず行いましょう。次に弁護士に相談をするのですが、当然選ぶべき弁護士は、交通事故に詳しくて実績もあり、信頼できる人でなければいけないのはいうまでもありません。

ひき逃げや飲酒運転、盗難車で運転する人や無免許運転など、かなり悪質な場合には、刑事裁判になるケースもあるでしょう。もし刑事罰を加えることができなくても、諦める必要はありません。そのためによい弁護士に依頼するのです。明らかに法律に違反しているような運転であれば刑事罰になるケースも多いのですが、物損事故で相手が全く賠償をしてくれないという場合などでも、人によっては刑事罰を与えたいと考えることがあります。

このような場合には、刑事罰を与えることができるのでしょうか。相手が修理代を支払っている場合には、残念ながら刑事罰を与えるのはほぼ不可能です。人身事故でも慰謝料を支払っている場合には無理でしょう。ただし、支払いを行わない場合には、弁護士に相談をすることで、裁判を行えば慰謝料の引き上げなどを行うことは可能です。ただ懲役刑などを与えることは無理だと思ってよいでしょう。

2016年3月17日
から meacc
小学校入学おめでとうございます!その前に交通安全を はコメントを受け付けていません。

小学校入学おめでとうございます!その前に交通安全を

小学校に入る時期になりました。親御様は、この7年間子供達をしっかりと育ててきたわけでして、お疲れ様でした。そして、ご入学おめでとうございます。

ただ、これからの春先、小学生の交通事故が増えていることをご存知でしょうか?特に4月は親が注意を喚起することもあり大丈夫なのですが、入学祝いでもらった自転車を乗り回す、5月と6月が一番小学生1年生の事故件数が増えることになります。

ですから、小学生をお子さんにお持ちの方は、気をつけてとくに気を抜きがちな、4月から6月まで安全にのりきれるようにしていただきたいと思います。

小学生の登校中に事故に遭うケースもすくなくありません。近所の親御さんたちは、そういった暴走する車にまきこまれないように、町をあげて子供達の安全を見ていく必要があります。

お気をつけてください。

2016年3月15日
から meacc
都道府県別に弁護士を探す はコメントを受け付けていません。

都道府県別に弁護士を探す

交通事故の被害に遭って弁護士を探す場合には、どのようにして探すことが多いのでしょうか。最近は誰でも簡単にインターネットが使用できる時代なので、インターネットを使って情報収集を行い、それから探すという人が多いでしょう。インターネットで弁護士を探す場合には、日本全国の弁護士事務所がヒットしてしまうので、まずは都道府県別に絞って探すことをおすすめします。現在では日本全国どこのエリアでも弁護士事務所が存在しているのです。

よって人口が少ない県だからと言って、全く弁護士がいないということはありません。しかも弁護士は日本全国に対応していることもあれば、ある程度対応している地域を絞っていることも多いので、まずは都道府県別に絞ってから検索すると効率的に探せるでしょう。ただし、やはり人口が多い都道府県の方が、より弁護士の数も多くなっているのは仕方がありません。都道府県別に弁護士を探す方法はいくつか存在しているのですが、一般的には検索エンジンで都道府県名を入力することが多いでしょう。

例えば東京都内で弁護士を探す場合には、弁護士東京都などという感じで検索すると、東京都内に対応している弁護士を探しやすくなります。しかし、弁護士なら誰でもよいというわけではないので、まずは交通事故に詳しい弁護士を探すことができるサイトにアクセスするのがよいでしょう。そうすると都道府県別に探すだけではなく、交通事故に詳しい弁護士に限定して探すことができるので、より効率的だと言えます。

このような交通事故に詳しい弁護士に特化して探せるサイトはそれほどたくさんあるというわけではないので、まずは自分が住んでいる地域の弁護士を検索してみましょう。それから評判を調べ、問題なさそうであれば問い合わせをしてみます。素早くわかりやすく返答してくれたら、交通事故の状況やどのような依頼をするのかを報告し、相談をしましょう。このような探し方があるということを覚えておくだけでも、いざというときに役立ちます。

2016年3月14日
から meacc
交通事故がおきやすい時間帯 はコメントを受け付けていません。

交通事故がおきやすい時間帯

交通事故がおきやすい時間帯を考えてみました。

朝の通学時に自動車が突っ込むというニュースが流れることがあります。朝は、歩道にいる歩行者の数が増えますし、朝は自動車も急いでいたり、夜勤を終えた方が帰ってきたりという時間帯で、事故がおきやすい状況にあるのかと考えます。

また、夕方は、日差しが目に入り、前が見えづらくなります。また、夕方は帰宅前ということで、仕事を早く終わらせたい、あるいは、会社にはやくもどって仕事をしたいという心理が働きこれもまた事故がおきやすい時間帯だといえるでしょう。

逆に昼間は、ゆっくり時間がながれていますので、事故は置きづらいのではないかと思います。

逆に、一日中気を抜けないのは、今日のような雨の日です。雨が降ると、自転車は前をよくみずに猛スピードで運転しており、さらに、窓ガラスに雨のしずくがつくので視界もわるく、また暗いので事故が置きやすいといえるでしょう。

私達はきをつけて、こういった時間帯は事故をおこさないように安全運転に努めていく必要があるでしょう。

2016年3月11日
から meacc
子供を交通事故から守ろう はコメントを受け付けていません。

子供を交通事故から守ろう

みなさんは、自分の子供が交通事故にあったことがありますか?

私は、2回あります。長男が、骨折したことがありました。また、郵便局の車に引かれたこともありました。

こういう経験はあまりしたくないですが、子供を交通事故をまもるのは結局は親の教育しかありません。

自転車を乗るときは、交差点では徐行すること。車は、運転が危ない人もいること。

スピードを出しすぎないことなど、してはいけないことを丁寧に押しておく必要があるのです。

私達は、事故なんて会わない・・・なんて思っている方が多いと思いますが、突然やってきます。

横断歩道にたっていても、いきなり車が突っ込んでくることもあるのです。でしたら、あまりにも安心しすぎず、公共の道路にでるときは、慎重に歩くことが重要かとおもいます。

2016年3月11日
から meacc
弁護士特約って何よ? はコメントを受け付けていません。

弁護士特約って何よ?

交通事故に遭ったとき、保険会社は基本、加害者のために動きます。つまり、被害者との交渉は、すべて保険会社が受け持ちます。

但し、被害者を助けるそぶりはなく、基本顧客である加害者のための交渉をしていると考えたほうが良いでしょう。

保険会社は、基本は、自分のお金を出金することになりますから、加害者の事故の責任は少ないほうが自分達にも都合がよいのです。

だから、過失割合などでは、少しでも被害者に責任があるように交渉してきます。

ただ、言いなりになる必要がありませんが、「知識」では、「示談」慣れしている保険会社を相手にすることは大変なのです。

かといって、弁護士に依頼するにはお金ががかかりそう。そういった不安を解決するためにできた保険が、「交通事故 弁護士費用特約」です。この保険に加入していれば、問題なく弁護士を保険代をはらっていれば、無料でよべるのです。

弁護士特約は非常にお得な保険だといえるでしょう。